古本まつりの楽しみ

現在古本自体は、全国に展開している古本チェーン店で購入できます。価格も安定していますし、品質もまぁまぁあてになります。そして、何よりそこら中に展開されていて、いつでも遅くの時間まで開店しているので、便利さという点では文句のつけようがありません。
しかし、古本まつり、古書即売会にはこうした古本量販チェーンに無い良さが厳然と存在します。
まずは、こうした量販店ではほとんど流通しない稀少本のたぐいがあることです。古本量販チェーンでは、ある程度流通が確保できる書籍でないと経営コストをペイし続けることができないという現実が有ります。このため、仮に価値が高いとしても極端に取引がないような希少な本、稀覯書を扱うのが難しいのです。また、探している人には価値があるが、一般に取引される量の少ない古書・古本も扱われない傾向が有ります。こういう古書の例としては古い、もしくは特定時期の雑誌や歴史価値のある学術書、実用書、教育書のたぐいです。こうした古雑誌、古書のたぐいはやはり、個人経営の古本屋、古書店などに蔵書されていることが多く、直接古書店巡りをするか、古本まつり・古本市で探すのが良いということになります。
また、やはり大規模経営のチェーンで買い物をしたのでは味わえないのが、古本まつりに参加している古書店の店主さんとの会話でしょう。お互い古本好き、古書好きなわけですから、何気ないやりとりから思わぬ情報が手に入ったり、楽しいおしゃべりが出来たりするでしょう。

関連エントリー



 
Copyright © 2012 古本好きのための古本祭、古書即売会ガイド. All rights reserved