シャレオで楽しく ちゅーピー古本市

なんとも脱力してしまいそうな系統の名前ではありますが、シャレオで楽しく ちゅーピー古本市は広島で開催されている古本市です。そのままでは長いので、会場名から「シャレオ古本市」と呼ばれることが多いようです。
首都圏や大阪、近畿に集中している傾向の強い古本市ですが、シャレオ古本市は岡山のシンフォニー古本まつりと並んで、中国地方で開催される数少ない古本市の一つです。開催は6月と11月の年2回。
参加店舗数は6店舗ほどですが、出品点数は3万冊規模を誇りますので、ただ見てまわるだけでも結構楽しめるでしょう。会場は紙屋町シャレオ中央広場にて、日時は6月の上旬5日間ほどと、11月上旬5日間にわたっての開催となります。なお、シャレオ自体が原爆ドーム近くの広島市中心街に存在する地下ショッピングモールなので、古本市に行くついでに各種買い物や観光なども十分できる場所だと言えます。モール内ですから、食事や休憩、トイレなどに困ることがないのは大きなメリットでしょう。
この古本市のちょっと面白いところは、通常の古本・古書の出品に加えて、今年6月に開催された回は広島カープのサイングッズが並んだりとちょっと変わったテーマ設定をして即売会を開催しているようです。
ちなみに「ちゅーピー」とは、中国新聞のマスコットキャラの名前で、広島平和記念公園に群生する白い鳩がモチーフだとか。広島の色々なイベントに対して、この「ちゅーピー」という名前が冠されているようです。

関連エントリー



 
Copyright © 2012 古本好きのための古本祭、古書即売会ガイド. All rights reserved