古本浪漫洲

新宿靖国通りの地下に走るショッピングモール「新宿サブナード」。ここで1ヶ月近くの長期間にわたって行われる古本即売会です。年2回、2月と9月に開催され、それぞれ約一ヶ月間開催されます。
この古本浪漫洲の最大の特徴は、その非常に長い開催期間にあるでしょう。1ヶ月近い開催期間中を7つのパートに分けて行われ、それぞれにテーマが設定されています。1つのパートごとに出店するのは3~4店舗なので、パートごとにみられる規模は小規模なのですが、それが全部で7パートまであると、合計では結構な規模になります。
パートごとのテーマ設定は毎回多少違うのですが、2011年2月に行われた古本浪漫洲を例に見てみますと、Part1:500円ワンコインセール/江戸東京を愉しむ。Part2:芸能 趣味 児童書 雑誌。Part3:植物 歴史 美術 趣味。Part4:映画 趣味 音楽 芸能。Part5:署名本 写真 趣味 絵葉書。Part6:絵本 趣味 沖縄 特価書籍。Part7:300円均一セール。と、このようなパート分けとテーマ設定がされていたようです。
このテーマ設定は当然、開催前から告知されますので、なにかお目当ての書籍や好きな分野がある人は、事前にテーマを調べておいて、お目当ての古本が見つかりそうなパートに合わせて訪れるというのが賢い参加方法だと言えるでしょう。まぁ、あえてそうした方策は取らずに、仕事帰りにでも1ヶ月毎日寄り道していくというのも悪くない楽しみだと思えます。

関連エントリー



 
Copyright © 2012 古本好きのための古本祭、古書即売会ガイド. All rights reserved