下鴨納涼古本まつり 2

8月中旬に5日間にわたって開催される下鴨納涼古本まつり。その開催期間中は当然ながら、古書古本の販売だけではなく、各種イベントも催されています。
例えば、2011年の催事予定を見てみますと、絵本や児童書を中心に集めた「児童書コーナー」の設置。同じく子供向けの「紙芝居」。また「児童書読み聞かせ」など、子供たちをテーマにしたイベントが多く開催されるようです。これとは別に来場者先着500名にイベントうちわが配布されたり、東日本震災を受けて「百円均一チャリティーコーナー」なども開催されるようです。
ちなみに、会場内には飲み物や軽食が取れるコーナーも設けられているので、休み休み、のんびりと見てまわるのが賢い回り方と言えるでしょう。出来れば複数日にまたがって、今日はこのエリア、明日はこっちのエリアと言うふうに計画的に回れると尚良いでしょう。とにかく80万冊という膨大な量の古書は、一日で一人で見てまわろうと思ったら大変な仕事になってしまいますので、ゆったり雰囲気を楽しみながら見て回れるように予定をたてるのが、下鴨納涼古本まつりの楽しみ方のコツだと言えるような気がします。実際、糺の森に広がる本の森を、目的もなくふらふらしているだけで十分楽しかったりするので、「散歩がてら」「ちょっとしたデートコースに」「家族で行楽を兼ねて」というスタンスで参加するのもとても良い楽しみ方ではないかと思われます。
もちろん、「お目当ての本を探しだしてやる」と燃えて参加するのも自由です。

関連エントリー



 
Copyright © 2012 古本好きのための古本祭、古書即売会ガイド. All rights reserved